展示の際の注意点

展示する際に気を付けると良い点

オペレーター

展示会ではあらゆる作品が展示されますが、素材によってはライトや空調との相性もあるため、事前に確認する必要があります。展示会は複数のブースが立ち上がるため、1ブースだけ特別扱いはできませんが、工夫次第で意見が通る事もあります。ライトは展示品を素敵に映し出す備品であるため、無くてはならない物ですが、当て方を工夫するだけで得られる効果が変わります。また素材よってはライトを直接当ててしまうと、作品の形が変わってしまう場合があるため、角度調整に気を付ける必要があります。空調も同様であり、乾燥しすぎると作品の劣化に繋がる場合があるため、風向きを確認しながら作品を展示するよう、気を付けて作業を行うと良いです。

施工業者選びのテクニック

アーティスト達が一生懸命作った作品を、一般人にも見てもらおうと展示する場合、展示会を利用して商品の紹介や販売を行います。この時に作業に加わるのが施工業者ですが、利用する施工業者によって受けられるサービスは異なるため、慎重に見極める必要があります。施工業者を選ぶ時は、どのようなイメージで展示したいかを明確にする事が大事であり、展示会を彩る作品に合わせて選ぶと良いです。そのためには理想のイメージに沿って施工をする業者を選びますが、できる限り思いをくみ取ってくれる業者に選ぶことが大切です。施工業者のホームページを見ると、過去の業績や経験が掲載されているため、それらを参考に選ぶことで展示会成功に繋がります。